vocalconsort initium ; 

2nd concert

満席御礼となった第1回演奏会から1年半。


室内合唱団vocalconsort initiumの満を持しての第2回単独演奏会です。


今回のテーマは《受難》Thomas Tallis(トマス・タリス)、Felix Mendelssohn(フェリックス・メンデルスゾーン)、Hugo Distler(フーゴ・ディストラー)、Rudolf Mauersberger(ルドルフ・マウエルスベルガー)をはじめとする様々な作曲家によるキリストの受難に関わりをもつ作品に、Johannes Brahms(ヨハネス・ブラームス)の憂いに満ちた作品を添えてお届け。苦しみの音楽から祈りの本質へ迫ります。

また今回の演奏会は、
【東京公演】@日本福音ルーテル東京教会(大久保)
【浦安公演】@浦安市文化会館小ホール

の2本立て!

さらに、それぞれの演奏会は全くの同一プログラムではなく、
<東京公演オリジナルプログラム>、<浦安公演オリジナルプログラム>を別にご用意。

浦安公演では指揮者・谷郁と共にウィーン国立音楽大学で学んだピアニスト南部由貴さんをお招きし、ブラームスプログラムを彼女のソロ、そしてピアノ・合唱版の《運命の歌》で彩ります。加えてオーストリア・グラーツから若き女性指揮者Agnes Schnabl(アグネス・シュナーブル)をお招きし、アカペラプログラムの一部を彼女の指揮で演奏します。本場の勢いある音楽家とvocalconsort initiumの化学反応をお楽しみに!

また、東京・浦安共通プログラムも一部作品をそれぞれ異なる指揮者で演奏します。両方の演奏会で2度、違った味わいをお楽しみいただけます。

プログラム

(抜粋・順不同)

 

Thomas Tallis (1505? - 1585)
Lamentations of Jeremiah 《エレミアの哀歌》

Felix Mendelssohn (1809 - 1847)
Mein Gott, warum hast Du mich verlassen?
《わが神よ、何故わたしを見捨てるのですか》

★東京公演のみ★
Richte mich, Gott 《わたしを裁き給え、神よ》

★東京公演のみ★
Anton Bruckner (1824 - 1896)
Christus factus est 《キリストはこうあらせられた》

Hugo Distler (1908 - 1942)

Fürwahr, er trug unser Krankheit

《まこと、彼はわれらの病を運んでくださった》

Rudolf Mauersberger (1889 - 1971)

Wie liegt die Stadt so wüst
《街はなんと荒れ果ててしまったのか》

合唱: vocalconsort initium
指揮: 谷 郁、柳嶋 耕太

客演指揮: Agnes Schnabl ★浦安公演のみ★

***

Johannes Brahms (1833 - 1897)

Abendständchen

《夕のセレナーデ》

Darthulas Grabengesang

《ダルトゥラの墓歌》

★浦安公演のみ★
Intermezzo

Op. 118-2, Op.119-1, Op.76-3

《間奏曲》
(ピアノソロ)

★浦安公演のみ★

Schicksalslied
《運命の歌》

(ピアノ・合唱版)

合唱: vocalconsort initium

指揮: 柳嶋 耕太

ピアノ: 南部 由貴

【東京・浦安セット券】

東京公演(前売一般3000円)・浦安公演(前売一般2500円)の両公演をお楽しみになる方には、東京・浦安セット券(前売5000円)がお得です!
セット券は予約開始以降東京公演の予約ページより注文できます。ぜひご検討ください。

<東京公演>

日時: 2018年3月23日(金)19時開演

 

会場: 日本福音ルーテル東京教会
        (JR新大久保駅より徒歩5分)

 

チケット:

[一般] 前売3000円 当日3500円

[学生] 前売2500円 当日3000円

[東京・浦安セット券] 前売5000円

 

東京公演チケット予約:

こちらのリンクより予約できます

お問い合わせ:

vocalconsort initium

vcinitium@gmail.com

<浦安公演>

日時: 2018年3月31日(土)15時開演

 

会場: 浦安市文化会館小ホール
        (JR新浦安駅よりバス)
       
(東京メトロ浦安駅よりバス)

 

チケット:

[一般] 前売2500円 当日3000円

[学生] 前売2300円

         ※前売のみ、25歳以下限定

[さくらメイト] 前売2300円

         ※浦安市文化会館にて取扱

[東京・浦安セット券] 前売5000円

         ※東京公演予約ページから注文可

浦安公演チケット予約:

こちらのリンクより予約できます

お問い合わせ:

vocalconsort initium

vcinitium@gmail.com

浦安市文化会館

047-353-1121

共催: 公益財団法人うらやす財団

vocalconsort initium(ヴォーカルコンソート・イニツィウム)

ソプラノ

阿久津靖子 鏑木綾 北山望 鶴木紘子 利根川佳子 鍋島彩
 

アルト

Agnes Schnabl 片平理絵 田中寛 長田芽生子 湯田佳寿美
 

テノール

小沼俊太郎 佐藤拓 坪井一真 富本泰成 林史哉 町村彰
 

ベース

Benedikt Franz Steffen Krüger 佐藤伸行 原田敬大 平鹿一久 南方隼紀
※出演者は変更になる場合があります

 

共演

★浦安公演のみ★

​ピアノ

南部 由貴

客演指揮

Agnes Schnabl

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科を経て渡欧。ウィーン国立音楽大学ピアノ室内楽科を最優秀の成績で、同大学院修士課程を審査員満場一致の最優秀で修了。国内外のコンクールでの受賞多数。桐朋女子高等学校音楽科卒業演奏会、関西桐朋会新人演奏会、読売新人演奏会、ベートーヴェンハウス(ハイリゲンシュタットの遺書の家)でのコンサートやシューベルトの生家でのウィーンの若手演奏家コンサートシリーズなど、数多くの演奏会に出演。ソリスト、アンサンブルピアニストとして演奏活動を行う傍ら、後進の指導にもあたっている。京都在住。

 

ウェブサイト

https://www.yuki-nambu.com

合唱指揮及び合唱指揮教育をグラーツ芸術大学にて、ヨハネス・プリンツ、ラヘラ・ドゥリッチ、フランツ・ヨフムの各氏の元で学ぶ。ウィーン国立音楽大学にて、アロイス・グラスナーの指揮の授業を受講。ケルンテン合唱アカデミーを修了。2014年以来、オーストリア各地のアマチュア合唱団を指導。エルヴィン・オルトナー、マリア・ゴンドリーナ、ジュゼップ・ビラ・イ・カザーニャス、モルテン・シュルト=イェンセンの各氏のマスタークラスを修了。2016年より、ロッケンハウス・ブルゲンラント音楽ウィークに、合唱講師として携わる。
Letchenschnabl(レルヒェンシュナーブル)トリオの歌手として国内外で演奏し、2017年にはチロル音楽祭に出演。2016年にはインスブルックで行われたアルペン民族音楽コンクールにて優秀賞を受賞した。